ポケモンとかお絵かきとかミニ四駆とかコスプレしてます。スマホ記事もあるよ!
先代ハリケーンソニック復活作戦
2016年03月28日 (月) | 編集 |


子供の頃使ってたボディをどうしても使いたいという事で今回は考察
キャノピー部分全開けしてしまった影響でボディが真っ二つになって木工用ボンドで修復した品です
接着状態が悪く、小径タイヤ以外は干渉してしまいます





とりあえず接着部分を剥がす
丁度いいし、こっちをフロント提灯に付けて分割式にしてしまおう





シールを剥がす
この中途半端なマスキングは何なんすかね…マスキングテープ貼ってたのは記憶にあるけど何考えてたのか覚えてない
くっついてるボンドや塗料を綺麗に取りたかったけどボディの劣化が激しくヒビ入ったりしたのでほどほどに
リヤ側も劣化に加え肉抜きで更にやばい状態
折れて残ってるウイングも接着されていて綺麗に修復するのが難しい
リヤ部分は新しいボディにした方が無難かもしれない
18、9年くらいは経ってるからなあ。でもS1は大丈夫そう
走行中にボディ外れたら失格だっけ?
最悪走行中ボディ割れるとかワイルドホームランみたいになったら悲しい
後はリヤ部分用意して再塗装ですな

影単色塗り
2016年03月27日 (日) | 編集 |


所要時間 20分

色の情報量が多すぎて影塗りに集中出来てないのではないかと思い単色で影を付けてみた
でもよくわからない
描くの久々すぎて影どころじゃなかったすね
超崩壊してないからよかったです
ただ毎回髪と顔の位置関係が変に感じるのでそこら辺意識したいです
覚えてる反省点は活かしていきたい
JCJCタイム計測
2016年03月26日 (土) | 編集 |


という訳で今回は自分がどんぐらいの速さを出してるのか計測してみることにしました
ただ単にこのコースでタイム縮めようとするとフラットマシンになってしまうので、あくまで立体コース走らせる前提でのセッティングをします
一応データとして去年の3月18日にトルクチューンARシャーシ、中径、前後13mmベア(7年置き)、ニカド(7年置き)で4.69秒
同年4月26日にスプリントVSシャーシ、小径(貫通失敗して割れてる)、前後13mmベアで3.89秒の記録が残ってます





まずは素組みS2(アトミ2)で計測。中径です
要所にグリス塗っただけでシャーシの慣らしはしてません
コースの立て付けが悪いせいか変な所で跳ねてコースアウトしてしまう
恐らく遅いと思われるタイムでしょう
組み立てが下手なのか電池モーター悪いのか





レーンチェンジの橋支えるやつなんて遠い昔に紛失したぜ
橋の下のレーンもすぐ外れてしまって困る
俺の作ったへなちょこフラット車ですら簡単に崩壊させてしまうくらい脆い
毎回片付けなきゃいけないからテープ固定するの面倒





TZにアトミ2を入れて計測
車重は143g程(立体想定してマスダン装着)ボディは無し
マルチテープ貼ったりしてるけどブレーキも上げてないからレーンチェンジで減速してんのかな





続いて同じシャーシにスプリントを入れてみたけど去年の小径VSと同じタイムってどういう事だ!!
まるで成長していないじゃないか!!!
ま、まあ今のほうが安定してると思うよ。うん。
ちなみに提灯取って測ったら.10秒速くなりました。ゲンのセリフが頭をよぎる
そんなこんなでショックを隠し切れない状態で撤収しようとしたのですが、まだ充電したての電池があったのでそれを使って計測してみる事に





おや?
かなり変わったぞ?
音からして全然違ったんすけど・・・
まーた電池の管理ミスってんのかこいつは??
ここまで違ってくるとなるとネオチャンプの状態が気になる
電池育成って難しいですよね!!!!

このタイムが速いのか遅いのかよくわからん
ブレーキ取っ払うだけでかなり違ってくるだろうし
ブレーキ取りたかったけど外すのが面倒でした
でもね、いくら速く走らせてもコースアウトしたら意味ないと思うのよね
速度考えるのは、今出せる限界の速度で安定してきてからでも良いんじゃないって考えでやってました
最近は全体の速度域が上がって来てる気がするのでそんな事言ってられねえって感じですが
電池モーターのパワーばかりに頼ってたら現地支給タイプの勝負では歯が立たないのはわかっていますがなかなかどうして速くならない
TZ大体完成
2016年03月20日 (日) | 編集 |


という訳で面倒臭いと思いつつもようやく着手でございます
まずはフロントの補強





TZ-Xと同じくピボットバンパーを作りました
FRPがどんどん減っていく





リヤは悩んだ挙句3点止めのリヤステーをカット。根本の部分だけ残してシャーシには1点固定
このパーツ付けるのに加工が必要だったりします
本当はがっちり固定したいけど色々面倒だし軽く仕上げられたので負担は少ないはず
車高低くてブレーキどう付ければいいかわからなくて困ってます
そして東北ダンパーみたいな物を作成。FRPも上下に動きます
いや本当はね、コの字型になってるFRPは提灯に使うはずだったんだけど間違って使う所まで切断してヤスリがけした所で気付くとかやらかしてます
その後この改造を閃きました
3点止めリヤステーを支点にしてんのは偶然ラッキー的感じです





そして大体完成
ブレーキどうしよう
TZ-Xの改造とあんまり変わってない
車重はボディ電池抜きマスダン込で107gくらい





画像左側がTZで右がTZ-X
マシン取り違えで負ける未来が見えるぞお!
そんで肝心の走りですが、お家のコースで試走してみました
TZ-Xよりは安定してる気がします。軽く走ってる印象
速度は大きな差を確認出来ませんでした(TZ-Xの方が速い気がする)
モーター取り替えて走らせたら速さ逆転してたからそこまで差は無いのかも?
細かいセッティングの差もあるので単純にどっちが速いか決めるのは難しいかな
タイムでの差はお店行って計測した時に分かるでしょう
2台並走させると違いが分からなくて困る
何で似てるのにした?同じ系統のシャーシを同じ改造経験少ない人が作ればそりゃあこうなるよ
せめてタイヤの色?タイヤの在庫がこれしか無いんすよ
ボディは使い回し出来るけどハリケーン使いたいけど用意するの面倒
軽く仕上げても結局フルカウルボディで重くなってしまうぞ
Miitomoはじめました
2016年03月18日 (金) | 編集 |


なんとなくDLしてみました
しげおMiiとお話したい方はTwitter連携しといたんでそちらからどうぞ→@inusoku
まあしょーもない事しか言ってないけど
スマホ持ってねえって方でもパソコンでAndroidアプリ動かせると思うんで気になる人はどうぞ





ニセモノのしげお沢山居ますもんね
初見だと誰が本物かすらわからない状況


TZシャーシ組んでみる
2016年03月17日 (木) | 編集 |


という訳でTZシャーシを買ってみました
TZ-Xより駆動が良いという情報を多々見ますが素の状態だと詰まってる音がしました
運悪くハズレ引いたのかな?金型は16番です
最初はモーターケースがはめずらく、取り外しにくい状態でペラシャが押し付けられているような状態に感じました
モーターケース側のペラシャ当たる部分を少し削ってみたりしたけど微妙





ねじるとペラシャのギヤがスパーの側面に当たったりクラウンとのかみ合わせがきつくなってるっぽく感じます
これVSと同じ失敗するパータンだと思いながらギヤの背面(?)を削ってスパーとクラウンの間隔を広げてねじれた時のギヤの干渉をなくそうとしてみました
多少改善されたような気がするけどコース走らせて速くないと全く意味無いっすよね
いくらスイッチ入れただけの状態で綺麗な音でも走らせてる衝撃でかみ合わせ悪くなったら遅いっすもんね
いかなる衝撃でも遅くならない駆動ってコンセプト??
まだ抵抗抜きとか位置出しの意図がよくわからん

今使ってるTZ-Xは駆動いじってないです
それでも手持ちの中で一番速いのは物凄い不思議
TZは駆動いじった時点で手間取ってますからね
駆動いじって成功した試しがないので不安で仕方ありません
一応自分なりに意図してる事はあるのでどんどん失敗して覚えてくしかないっすかね
異音ばっかり気にしてるとトルクまで抜いてしまいそうなのでほどほどにいじっていきます
VSシャーシ試走したけど結局メインのシャーシは
2016年03月15日 (火) | 編集 |


もっと速いマシンを作りたくて組んでみました
先に結果を言ってしまうけどTZ-Xよりも遅かったです

いつも行ってるお店がフラットコースになってると思われるので今回はご近所のお店に行きました
かなり久しぶりで2度くらいしか来店してないのに顔覚えられてたぜ
コースは前回来た時は小ぢんまりとしたフラットだったけど今は立体
レーンチェンジャージャンプやスロープ登り後に直線一枚分穴の空いたレーンがあったりいつも行ってるホームコースには無い障害がありました
イレギュラーな初心者向けではない気がしないでもない
スロープ後の穴は、いつも行ってる方のお店のお陰で難なくクリア出来ました
TZ-Xが15秒02
新しく組んだVSが16秒台
VSは異音無くそうと色々弄って遅くなったと思われます
コース変わってなければ14秒台のレコードが残ってました





試しにTZ-Xのフロントバンパーを硬いカーボンにしてみましたがタイム落ちました
ピボットバンパーのガタつきを直して出したタイムが先程のものです
稼働ネジ穴部分にハトメ入れたら動きがスムーズになりました
結構安定してたし今ので前回の大会やり直したい気分
なんだかんだ改造しても結局TZ-Xが速いまま
TZ-Xが速いと言うより他のシャーシが遅いんすね
TZの方が駆動良いらしいんだよな…
ま、まさかTZ組もうなんて思ってないっすよ!?
リヤ一点止めだし面倒臭いし手出す訳ないじゃないっすかー
さて、アマゾンに強化シャーシあるかな?
ミニ四駆店舗大会結果 嫌な事件だったね編
2016年03月13日 (日) | 編集 |


今回のコースは先月と同じです

☆結果
チューン系レース 初戦敗退
タイムアタック(ダッシュ) 4トライ全コースアウト
ダッシュ系レース 2回戦敗退





まずはチューン系レースの詳細から
ボディ以外のパーツ加工縛り有り
使用シャーシはMS
大径ハードローハイトのトルク2でございます
練習走行でのタイムは23秒台
無加工ならまずまずなのではないかと思ってました(加工縛り無しなら21、22秒台が多かった為)
レースの内容、二人での勝負
スタートから速度負け状態
さらにどんどん引き離されていきます
…というか私のマシン遅すぎ!?
練習走行から考えるとありえないくらい引き離されて完全速度負けで終了
その後、放電したままの電池でレースに出たことが判明
電池の管理すらまともに出来ないとはお話にらならいっすよ!!!!!11111
レースに使うネオチャンプが3セット全部放電状態だったのでレース直前の時点で詰んでました
練習走行では電池傷めつけても構わないエネループライト使ってたんすね
んでお店着いてから充電しようと思ってたんすけど、まだ放電してない電池1セットあってそれ放電したのを充電したと勘違いしてしまいました
でもその対戦した方は決勝行って優勝した気がするのでどの道勝つのは難しかったかもしれません
自分は結果残せませんでしたが両面テープ無くて困ってた方にテープ提供して、その方は見事結果を残されたので今回は良しとします!





そしてタイムアタック
こちらは改造に制限はないです。ここからメインと言っても過言ではない
TZ-Xシャーシでございます
フロント提灯にピボットバンパー搭載
練習走行させてる内にピボットバンパーの所の可動ネジ穴が広がってきました
すぐにナット緩んでしまうようで周回重ねるとガタガタになってしまってるっぽい
それが原因なのかタイムアタックは4トライ全部コースアウトで終了
練習走行では20秒台がでてました
速い人で18秒台っす
全体の半分くらいが全部コースアウトの人でした
速度の出せるコースだから制御難しいっすね


そしてダッシュ系のレース
いつも出てるのとは勝手が違い、年間チャンピョンとは違ったチャンピョンみたいのを決めてるレースです
優勝し続けると防衛回数が増えていくってやつです
こちらも先ほどのTZ-Xで出走
中々制御出来ないのでちょっと垂らした電池を使用
初戦は相手さん速かったけどコースアウトして勝ち
2回戦目も相手さん速かったけどコースアウト。行けると思ったら自分もコースアウト
両者コースアウトでも再戦無しルールなのでここで終了

うーむ、ピボットバンパーが足引っぱちゃったかな?
足引っぱったというか、そこばっかり気になってしまったというか
リヤバンパーは可変しないんでローラー幅が前後微妙に違っちゃってるのかもしれません
カーブが急になる内側に行くに連れてコースアウト率が上がってる気がします
これなら動かないバンパーでもいいかな

やはり高速立体は厳しい
何で去年の高速立体のタイムアタック3位だったんだろうか
運良く速い人来てなかったのかな、誰着てたかなんて覚えてません
HD系でスプリント使ってる自分より圧倒的に速い人いるしやばい
中速とか低速の方がチャンスあるぜよ
次回はフラットなので私は消えます
更にその次は日程合わないので行けそうにないです
2ヶ月はレースお休み
かなり期間空いちゃうなあ。緩く調整したり新しくシャーシ組んだりしてみますか
VSシャーシに詳しい方から改造方法もお聞きしたので試してみたいと思います
しばらく走らせに行かないから他の趣味に重点置きたいっすね
特にコスプレは寒くて長い間やってないので早く自前メイク出来るようにならなくては
ポ、ポケモン??そ、そりゃあやるっきゃないでしょ!?
VCはなあ、バグ脳なので自制してんすけどやりたいけど絶対セレクトるからってループになってます
特に道具の1番目でセレクトしてレベル低いポケモンの経験値稼いだりPPオーバーフローさせちゃったりしがち
便利すぎるのが悪い!!
大いに収穫があった練習走行
2016年03月10日 (木) | 編集 |


チューン系のレースはMSシャーシで行く事にしました
S2が26秒台でMSが23秒台文句無しっすね
パーツの加工禁止という縛りが付いています
今の段階でかなり不安定なのでやばいです
しかもボディ全く出来てない
あと3日でなんとかしないといけません
まず大径タイヤ干渉しないようにボディ削る所から始めないといけない
塗装はサフのグレー吹けば大丈夫かな?一応色付いてるし??レギュ的にはグレー???





ここからTZ-Xのお話
先にいたレーサーさんから色々お話を聞いてこんな物を作成
フロント裏に付けるアンダーガード的なものですね
両端にFRPを重ねて接着
本当は全面貼り付けた方が良いんだろうけど既にフロントバンパーに重荷を大量に積んでるので少しでも軽くしたいんですよね
フロント裏のFRP、ピボットバンパーにフロント提灯、ボディのフロント部分をネジ2本で支えてるんすよ。すんげーやばそう





こんな感じで先っぽに角度付けてフェンスに乗り上がっても戻る様になってます
FRPを重ねる事によってネジ頭も出ません







バンパーめっちゃ盛ってますね
シャーシバンパーから
ワッシャー、スペーサー(一番短い)、FRP×2、ナット、FRP、ワッシャー、スプリングワッシャー、ナット、ワッシャー、FRP(提灯のアーム)、ワッシャー、ロックナット
訳わからんけど兎に角てんこ盛り状態です
提灯の始点が高くなってしまってます
アームは垂直が良いらしいけどTZ-Xのバンパー自体高いからバンパーレスにでもしないと垂直に出来ない
全体高くして垂直にしても重心が気になるのでこのままにします





とりあえずの全体
左フロントのローラーを9mm×2から、下段9mm上段8mmに変更
フロントで2つローラー当てると減速してしまうという意見を参考にしてみました
右はレーンチェンジで暴れないように9mm×2のままで行ってみます

そして今回重大な問題が発生しました
新設したピボットバンパーですが、可動域が広すぎてローラーではなくFRPが壁に当たってしまうという致命的欠陥を発見
外側の周回なら問題無いんすけどね。内側のきついカーブになると可動バンパーが動きすぎてFRPが当たる
これを見つけたのが帰るちょっと前だったので改善することなくお帰りになりました
とりあえず大きいゴムリングが緩すぎたのではないかと思い一回り小さい物に変更
殆ど可動しない感じでも構わないかもしんない
FRPアンダーガードはローラーまで伸ばしたほうが良いと言われましたが可動バンパーという構造上、短めにしないとFRP当たって二の舞いになりそうなので短めにしてあります

そんで肝心の今回の走りですがまっすぐ低く飛んで、ばっつーん!!って入るようになってきました(可動バンパーのFRPが干渉しない外側のレーンのみ)
外側から内側のレーン入っていく周回だったんだけど、周回重ねる事に遅くなってジャンプの飛距離も短くなってくから何か変だと思ってたんだよね気付くの遅すぎた
タイムも22秒台が多かったし、前回より1秒くらい遅くなってた
前回は空中で真横になっても入ったり、かなり荒っぽかったけど今回は綺麗になってきてます
綺麗に入ればタイムロスも減ると思っております
その考えで可動するバンパーを作った訳でございます
流行り(ホエイル)に乗っかってるというより考えが流行りに重なっただけと言いたい
まあ自分自身ホエイルとは思ってないけど他人から見ればホエイルと呼ばれる事もあるかと思うんで表向きはホエイル、又はホエイルっぽいって言ったほうが丸く収まりそうですね
フロントはホエイルっぽいけどリヤは全然ぽくないし
そもそも見た目だけ似せてもホエイルと呼ばれる機構ではなかった気がする
概念が何とかって発案した人が言ってた

大会まで時間が無え!
修正したバンパーが干渉しないか見れるのが大会当日だけになってしまってる
先週風邪引いて行けなかった影響がモロにでてしまった
お家のコースだと多分速度出ないから参考にならない可能性
最悪可動バンパー諦めるのも考えておかねば
タイヤもフロントのグリップ抜いてリヤのグリップを強くします
実績のある方の意見なので、気になった改造は試していきたいです
今回は色々収穫がありました
おかげでまとめるのに時間掛かりすぎた
動画は一応撮ったけど撮影始めるとコースアウトしまくるシャイな野郎共だったので今回は無しの方向で
VSシャーシ フロント提灯
2016年03月06日 (日) | 編集 |


フロント提灯厨気味でございます
まだTZ-Xで一回しか走らせてないのに凄まじい期待っぷりです
速度よりも安定重視で改造してるんでこういったギミックは大事にしたいです

いつものごとく大会直前まで選出マシン決まりそうにない
本命はTZ-Xかな?でもバンパー変えてから走らせてないので不安が残る
ARは遅いし旧FMはボディ決まってない
VSは塗装妥協すれば間に合うけど、まだ走らせてない未知数
大会まで走らせに行けるのが1日だけ
先週行けなかったのが悔やまれる
走りこみ足りなすぎるよなあ
そこら辺は他の趣味との兼ね合いあるから仕方ないか
VSシャーシ組むよ
2016年03月04日 (金) | 編集 |


ミニ四駆記事ばっかりになってきた
あんまり隔たりたくないけど他のネタが弱い

という訳で今回はVSシャーシを組んでみよう回です
8年前は駆動音が改善出来ず挫折して去年は速く出来ずじまいで以降使う事のなかったシャーシ
一応去年の時点で駆動音は改善出来たと思います
まず旧シャーシにはお馴染みのバンパー補強
上の画像の赤で囲ってる部分にFRPの切れ端をフィットするように削って接着
本当はいつものように突っ張り棒やりたいんだけどフロントのギヤカバーの構造上難しいのでこのような手法を試しました
従来の突っ張り棒と比べると軟い印象
どこがどういう風に負担掛かるか分からないので一度バンパーぶっ壊す前提で使ったほうが良いかもしれません





とりあえず走れるようにはしました
音は持ってる中では一番静かかもしれない
タイヤは前、縮みペラタイヤ 後、スリックペラ
試しに床で十数センチ走らせたら速かったような気がする
まだパーツ付けるからどんどん遅くなってしまうのだろうか
TZ-Xにピボットバンパー作成
2016年03月02日 (水) | 編集 |


どうも
風邪でここ数日の記憶が曖昧な犬速です

今回はTZ-Xにピボットバンパーを作ってみました
これ前から作ってみたかったんだけど名称がわからず作れない状況でした





バンパーの先の部分が可動するようになっております
現在持ち合わせのゴムリングが小さいのしか無くて動きが固い





ピボットバンパーの上に提灯付けて位置が高くなってしまった
よくよく考えると提灯アームはホイールの間通さずにギヤカバーの上から通せばいいじゃんって思ったけど、先にボディに取り付け穴開けてしまっていたのでこのような形になりました





新たに塗装したボディを付けてバッチリです
フロントボディが斜めになってしまいリヤボディとの合わせがズレてます
ま、まあ走らせてればそんなの関係ないし…!
優勝して写真取られたら酷いズレが晒される可能性があるだけだな!
走らせたかったけど予想以上に風邪が凶悪で生きるのが辛いレベルだったので今週は断念します
前後バンパーガッチガチに補強した旧FMも走り見たいんだけどねえ
とりあえず早く風邪治してしまいたいです